楽しい事しか書かないブログ    旅行、ガーデニング、グルメ  などなど・・


by amorematteo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

炎夏のイタリアツアー 7日目(最終日) ~ローマ (7/11)  

さて、いよいよ観光地めぐりの最終日となりました。
朝から一日 ローマです♪
d0070045_2130126.jpg

↑言わずと知れたコロッセウム 中に入る時間は無いと思い、周囲をウロウロ。
同じローマ時代の古代遺跡=フォロロマーノの中の方へも足を伸ばしたかったんですが、どうも集合時間が気になってボツ。
グラディエーター達の”夏草や兵どもが夢の跡 ~” 中もゆっくり見学したかったなぁ~
d0070045_21351540.jpg

コンスタンティヌス帝の凱旋門 (「ローマの休日」でグレゴリー・ペック演じる記者がアン王女が寝ているのを見つけるベンチが置かれた凱旋門はこれではなく、セプティミウス凱旋門でもっと奥の方なんですよね~見れずに残念)
d0070045_21395692.jpg

↑ たった一日でローマの名所旧跡を回りきれるはずもないので、
ヴェネツィア広場などバスから降りずにグルグルと回り。。。
d0070045_21422125.jpg
コロッセオ、フォロロマーノをぐるっと回る形で
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会
真実の口”で恥ずかしながら「ローマの休日」のポーズ。。
観光客が列をなしてこのポーズをする為に、
順番を待っております!えいっ 皆でやれば怖くない!

← 友人と私めの美しい腕!?


d0070045_22202494.jpg

トレビの泉! この近くの美容院で髪を切ったアン王女の写真を撮りたくて、見学に来ていた子供のカメラを取り上げようとしたところを引率の先生に睨まれるグレゴリー・ペックの姿を思い出します。(もうこの辺はすっかり「ローマの休日」ムードにひたる私)
d0070045_2228953.jpg

バスを降りて昼食をとったレストランのそばに青空市場が・・ 
アン王女も見て歩いてましたよね~
さて、午後はヴァチカン市国です!
d0070045_22295814.jpg

先にヴァチカン博物館を見学後、システィーナ礼拝堂でミケランジェロの天井絵”最後の審判”を仰ぎ見る。 思ったより薄暗くて良く見えませんでした。首が痛くなります・・ミケランジェロも作成中腰を痛めたとか・・無理ないと思いますね(笑)
↓「最後の審判」はもちろん撮影禁止ですので、これは違う場所。観光客でむせ返るようです。
d0070045_22342754.jpg

サンピエトロ寺院では 歴代のローマ法王の墓所も見ることが出来ました。
やはり一番最近亡くなった先代の法王の墓所前には沢山の人だかりが出来ていました。
モザイク張りの床も素晴らしかったですね。 外へ出て楕円形のサン・ピエトロ広場を突っ切り、コンチリアツィオーネ通りをまっすぐテヴェレ川へと向かいます。 川を突き当たって左へ折れると、サンタンジェロ城です♪
d0070045_22364470.jpg

ここは ダン・ブラウンの『天使と悪魔』にも登場するようですが、私はなんといってもまたまた『ローマの休日』で この城の前の川辺でのダンスパーティーのシーンですよ~ 秘密警察と大乱闘の上、ずぶ濡れになった二人は初めてキスをかわすのでありました。
さて、後は集合場所のスペイン階段まで地図を頼りにまっしぐら~
というのも実は私達、せっかくなのでゆっくり見学したくて、先ほどのヴァチカン市国で添乗員さんのお許しを得て団体からドロップアウトしたのでした! 最終日に団体行動に反旗を翻してしまった私たち二人。。「今頃はみんな涼しいバスで移動中だろうな~」などと今更泣き言も言えず!炎天下を40分以上歩いて自力でスペイン階段へたどり着いたのであります(自爆)
d0070045_2312788.jpg

スペイン階段が見えた時の嬉しかったこと!!!!(色んな意味で 爆)
熱中症一歩手前で飛び込んだ階段脇のティールームで飲んだアイスティーの美味しかったことは言うまでもない。 
実はココ、帰国後調べてみたら、1893年創業の老舗BABINGTON'S TEAROOMであった
こちら
そして、約束の集合時間=17:10 無事スペイン階段の最上部(それも恨んだ、何故に一番高いとこ!?)にて、皆さんと合流し、本日の締めくくりで旅の締めくくりでもあるカンツォーネ・ディナーへと徒歩移動!また歩くの~?勘弁してよ状態。

かくしてたどり着いたリストランテ。。
d0070045_23203074.jpg

待ち構えていたおじさんトリオは 声高らかに歌い上げるのだった~
「マツケンサンバ」 えっ!? 勘弁してよ~~ ここ日本?

「帰国へ。。まとめ」へつづく。。
[PR]
by amorematteo | 2006-07-27 22:24 | イタリア旅行記2006