楽しい事しか書かないブログ    旅行、ガーデニング、グルメ  などなど・・


by amorematteo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日仏学院とイタリア文化会館

d0070045_1022563.jpg短期バイトが終わってまた少し時間が出来たので、以前から行ってみたかった飯田橋の日仏学院と、九段のイタリア文化会館に行って来ました。

日仏学院 は、フランス政府の公式機関で、語学学校文化センターも兼ねており、フランス関係の図書や映画のビデオ(DVD)なども揃えたメディアテーク(図書室)。
映画の上映や、さまざまな分野のゲストによる講演会が開けるエスパス・イマージュ(ホール)。  敷地内にはパリの街角にありそうなカラフルなインテリアも可愛い本屋さんもあり、 フランス関係の本が購入したい人にはちょっと便利。
喉が渇いたら館内に小さなカフェもありますが、嬉しい事にちゃんとしたフレンチ・レストランもあるんですよね♪
d0070045_10222512.jpg
このレストランがまたなかなか良い!→ 

ラ·ブラスリー(La Brasserie)
TEL:03-5206-2741


実は今回はこちらで開催されていた「難民映画祭」のプログラムの一つで、「アンコールの人々」という映画を1本鑑賞したんですが、  公式サイトはコチラ

映画の後に、思いがけず美味しいランチを頂けましたんですよ!! 7月の中旬でしたが、お店が緑豊かなお庭に面しているので、その時期だけでしょうけれど、初夏の涼やかな風がレストラン内にも入るように戸を全部開放してありました。 庭にテラス席も。 気持ちが良かったですし、お料理も美味しかったです!! まったく入りづらい雰囲気はないです。
評判が良いらしく、ネットで検索すると満足度が高い感想が沢山出てきますね。 

私などまったくの部外者なんですが、ちょっとフレンチ気分になれた休日の午後でした。


d0070045_10213022.jpgさて、もう一つはイタリア文化会館

こちらも8・19まで開催中の写真家篠山紀信氏の写真展「ヴィスコンティの遺香」と、ヴィスコンティ映画祭 (公式サイト→コチラ) 目当てに初訪問してきました。

この建物、イタリアの有名な建築デザイナーによるものだそうですが、真っ赤な外壁が周辺とそぐわないとかなんとか、物議を醸していたらしいですが、デザイナー氏の「日本の漆の赤色をイメージしたので、周囲に馴染んでいると思う」との発言で結局承認されたのでしょうかね~。私が観た限りではそんなにドギツイ色ではないし、建物そのものの形も奇抜でもなんでもないので、全然OKだと思うのですが・・。 

それはさておき、中に入ると地下になかなか立派なホールがあり、ここで映画上映があったのですが、椅子が固くて長い映画には向きませんねぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)  実はビデオのバッチイ画像でしか観た事がなかった「ルートヴィヒ」4時間ヴァージョンを鑑賞しましたがが、、同行者の都合&椅子の固さに根をあげて・・・3時間15分で退散してきましたー。(泣)
(映画に関しては「難民映画祭」と共に映画専用ブログに記事書こうと思ったんですが・・ひゃ~時間も経ってしまって気力がすでに無し・・・涙)

で、結構大きなビルなので、色々探検のし甲斐があるわいな、と思ったのに、私のような部外者が入れるのは地下のホールと一階のエントランスホール(写真展など)、2階の図書室(しょぼいぞ) のみ。 語学教室はあったようですが入れないし・・。 カフェもレストランもなし。 自動販売機が置いてあるスペースに 固いテラス用のテーブルとチェアが置いてあるだけ。
な~んと、部外者には不親切なびるぢんぐでしょう~~~! 2階から上にまだ沢山部屋がありそうなのになぁ・・あれは何?
[PR]
by amorematteo | 2007-08-05 10:55 | おでかけ